あけましておめでとうございます。In vino veritas(2)

あけましておめでとうございます。 今年も伊勢神宮に初詣です。 今年こそ、ワイン村の順調な滑り出しを祈念して。 昨年の正月には、まさかここまで遅れるとは思っていませんでしたが。。。 まあ、いろいろありますが、実務を重視する現場と文書を基準に仕事をするお役所との齟齬が一番大きい理由でしょうかね。事前に問題ないよねって根回ししたから、申請したら直ぐに認可降りるはず、と考える人と、相談は相談、きちんと「完全な」申請書類を提出してからが審査開始、と考える人、とか、問題が無いように設計しているのだから、それ以上何が必要?と考える人と、ルールに則って書類的に完璧な確認が必要と考える人、などなど。 良く考えてみれば当たり前の話であり、しかもこれはお役所からの歩み寄りは難しい話でもある。そりゃ、そんな歩み寄りはマニュアルにし難い内容なので、たまたま担当になった人で対応に差が出てしまうから。すると、申請者によって対応が違うとか、依怙贔屓しているなど面倒な指摘をしてくる人たちも出てくる。だから、対応はルール通りの杓子定規なものにせざるを得ない。であれば、申請者の側から歩み寄るしかない、の、ですけれどね。。。 近頃の話で言えば、次郎川と言う用水路のような「一級河川」の件。ここには排水は流れないように設計しているから、特に届出は必要ない、と考えても、その岸になる道路の拡張工事をする。しかも、用水路と言っても過去の経緯で「一級河川」。そりゃ県の河川課がきっちり調べないと認可はできない。 強いて言うなら、市役所、しかも人口3万数千くらいだと職員が知り合いの親族、と言うケースが非常に高く、職員