• Casa Watanabe

仕込み終了

今年の仕込みもほとんど完了。(まだ搾っていない赤が少しだけ残っておりますが)

今年は昨年より17%減産。全体的にぶどうが小粒だったことと、一か所購入予定だったところで晩腐病が大発生し、大幅な入荷不足(これが仕込み最終段階でしたので替わりを手配するには手遅れ)なんてことがありました。まあ自然相手ですからこんなこともありますね。




ピーク時は作業用のプラスチックタンクも並び、足の踏み場にも困ることになります。









なお、ぶどうが小粒であるということは、水分が少ないということであり、ワイン用としては大変ありがたいことなのです。濃厚なものが出来そうな期待が膨らみます。



参考にピークとなる9月の主な仕込み作業を挙げてみます。興味のある方は見てくださいね。

---------

9/1 ベリーA除梗破砕 500Kg


9/2 ブランデー蒸留作業


(9/3,4:週末)お客様対応


9/5 ブランデー瓶詰&ブランデー蒸留作業

  

9/6 ブランデー蒸留作業 (ブランデー原料のワインオリがタンクを占有していたので、仕込み本格化前に慌てて蒸留していたのです。)


9/7 甲州除梗破砕 500Kg


9/8 甲州搾汁 500Kg


9/9 (ちょうど空いたと思ったところで複数の業者と打ち合わせ発生)


9/10(土) 甲州除梗破砕 500Kg しながらお客様対応


9/11(日) 甲州搾汁 500Kg しながらお客様対応


9/12 メルロー除梗破砕 300Kg


9/13 甲州除梗破砕 500Kg


9/14 甲州搾汁 500Kg


9/15 ベリーA搾汁 500Kg


9/16 甲州除梗破砕 500Kg


9/17(土) 甲州搾汁 500Kg しながらお客様対応


9/18(日) メルロー除梗破砕 457Kg 3連休の日曜日なのに雨でお客様1名も来ず


9/19(祝) 甲州除梗破砕 500Kg しながらお客様対応

9/20 甲州搾汁 500Kg


9/21 ベリーA除梗破砕 450Kg


9/22 ベリーA除梗破砕 330Kg


9/23(祝) お客様対応 (しながらベリーAの分析や酵母添加など)


9/24(土) ベリーA搾汁 1,000Kg しながらお客様対応


9/25(日) お客様対応のみ


9/26 (やっと一息)


9/27 分析 ロゼの1タンクは発酵停止処理しております


9/28 甲州除梗破砕 300Kg


9/29 甲州搾汁 300Kg


9/30 メルロー搾汁 300Kg

---------

とまあ、こんな感じ。(特に大きな作業の無い日は1日だけでしたね(笑))とても他のことに気を回す余裕はありません。畑の管理も家族が頑張ってくれております。

もちろんこんなスケジュールは経営者だからできることで、従業員に同じことをやらせたりしたら、すぐに労働基準監督署のお世話になることでしょう。


ちなみに、Casa Watanabeの醸造作業はほぼワンオペでやっておりまして、このため1回の仕込みは500Kg程度を基準としてます。(道具もそれに合わせておりますので、一気に1トンの作業をしようとするとかなり大変なのです。)それで小規模な仕込みを日々繰り返しており、この点ちょっと特殊かもしれません。


それなりの規模のワイナリーでしたら数名で2~3トンくらい(大手でしたら軽く10トンくらい)が1回の仕込みになりますので、こんなことにはなりません。ワイナリーへの就職希望者がいらっしゃいましたら、ご安心を!





閲覧数:24回

最新記事

すべて表示