• Casa Watanabe

2022年甲州新酒と熟成ワイン

デラウェアに続いて、甲州も新酒を瓶詰しました。

今までは甲州の瓶詰は1月まで待っていましたが、今年は晩熟甲州はもう美味しく飲めそうだったのです。


例年は早摘みはまだ酸っぱ過ぎ、晩熟は雑味が多すぎる気がしたのですが、酸味の少ない晩熟甲州が樽熟成しなくても十分行けそう。

酸味が苦手な方はこちらをどうぞ!

ということでワインツーリズムに間に合わせました。


なお、早摘みはもう少し酒石酸が落ちるのを待って瓶詰します。

まあ炭酸カルシウムで中和するとか、冷凍タンクで冷却する方法もありますが、極力余計な薬剤は使わない方針で前者は却下、後者は予算の都合上無理、というわけで唯寒くなるのを待っております。


一方で2019年熟成ワイン。昨年あたりは非常に中途半端で単なる劣化ワインじゃね??と思えたものですが、それを超えると意外と美味しいのです。

こんな風に時期で印象が変わることもよくあるのですね。


もはや魚に合わせるのは難しく、シンプルな豚肉料理くらいが合います。でも一番合うのは牡蠣フライかな?是非お試し下さい。



閲覧数:14回

最新記事

すべて表示