• Casa Watanabe

Don Perignon 1992

祝杯には、単なるスパークリングワインではなく、列記としたシャンパーニュです。

なんと、Don Perignon ! (1992)


自分ではとても買えません!

今を遡ること20数年も昔、結婚当時に義父の友人の趣味の良いおじさんからの頂いた物。

当時は価値が分かりませんでしたが、どうも非常に高そうに見えて飲めませんでした。

箱のまま押し入れへ行き、家庭用のセラーを購入した後は一番左上をずっと占有。


10年くらいしてからちょっと詳しい人に聞くと

「スパークリングワインは出荷時が飲み頃!どんな高級品でも10年も放置したら気が抜けるぞ!」

と脅され、実際に同じころ頂いたカリフォルニアのそこそこのスパークリングワインを飲んでみたら、普通に熟成したスティルワインとなっておりました。


どうしたものか、と思いましたがやはりふさわしい時が来るまで待とう!とそのまま安置。

今回やっと飲むに相応しい機会!と開栓です。


流石はDon Perignon!

30年近く経っているというのに、美しい泡!(まあ、やはり弱くなっているようですが。。。)


熟成感が増しており、より美味しく頂けたような? (比較してないのでわかりません!)


その後、やはり会社で飲んだ雰囲気にしようか、と似た色のスパークリングワインをダミーで置いて写真を撮ってみましたが。。。


なんだかやはり違いますね。

20回の閲覧